児相被害を撲滅する会

国連欧州本部

 

???
児相被害を撲滅する会とは 

児相被害を撲滅する会

なぜこんなに子どもが次々家庭から引き離されているのか!?  日本の人権は中世と同じだ!! --国連子どもの権利委員会副委員長が児童相談所を厳しく批判!

・本年2月上旬開催の、子どもの権利条約遵守状況に関し日本を審査する国連子どもの権利委員会予備セションに招かれている団体です。

データ

予備セッションは無事終了致しました。

・日本の児相問題を国連はじめ世界世論に提起し、児童相談所という行政権力による重大な我が国の子ども・家族への人権侵害を国際社会に知ってもらい、考えてもらうことを通じて、児相問題の抜本的解決をめざし闘っています。

・厚生労働省など、行政といかなる繋がりももたず、もちろん行政のいかなる支援もうけていないクリーンな組織です。

  2018年は新しい年にしてみせます。
 児相被害者のみなさんの声を国連に届けさせていただきます。
気軽にご連絡、ご相談下さい。 

 水岡代表から、日本全国の児相被害者のかたへ

国連子どもの権利委員会 2010年審査の主査 L.クラップマン教授から,熱い連帯!
"I hope and wish that you are successful with your campaign against the guidance centres!"
[児童]相談所に対抗するあなた方の運動が成功することを期待し、望んでいます!
2/2 ドイツ ベルリンにてクラップマン教授との懇談の要点(PDFファイル) 
 

 

  2018年2月@スイス、ジュネーブ 国連子どもの権利委員会第79予備セッション

 

 

国連子どもの権利委員会から日本政府への求釈明書「list of issues」が発出されました!!

児相被害を撲滅する会役員のサイト


児相被害を撲滅する会協力御家族のサイト
これでも法律の専門家? 子どもの権利条約を軽視し、厚労省のお先棒担ぎに走る日本弁護士連合会(日弁連)
日弁連が国連に提出した代替報告書を斬る!!

 

子どもの権利条約逐条解説 by UNICEF

日本国内の子どもの権利条約解説書にはろくなものがなく、児相被害者の参考になりません。でも、心配ご無用。歴代国連子どもの権利委員会委員長がお墨付きを与えるユニセフの解説書が、被害者の味方です! 英語版しかなく、日本語訳出版をアグネス(陳美齢)さんの日本ユニセフ協会に期待したいところですが、未だ出ていませんので、児相問題に関わる箇所を当会代表が抄訳しました。活用して下さい!


2018年3月8日、厚労省記者クラブで、当会がList of Issuesに関し記者会見を行いました。国連子どもの権利委員会に代替報告書を提出した市民団体は、国連の発表した文書・見解等をそれぞれの国に普及することが求められており、それを当会はさっそく実行したものです。
《当日配布資料》 国連⼦どもの権利委員会 第4,5 回 ⽇本に対する審査の概要 2017-2019 年

 

NEW! 5月20日
Wikipedia
の「児童の権利に関する条約」(子どもの権利条約)ならびに「児童相談所」の記述が、行政関係者とおぼしき人物によって改変され、しかもそれが、事情をよく知らないMayoなる管理人によって「保護」されて、児童相談所の人権侵害を知る上で重要な解説の情報が全て削除されたうえ、編集できなくされてしまいました。原発を受け入れさせるため、行政がパブリックアクセプタンス工作をしていたことはよく知られており、今回のWikipedia改変は、その児相版であることが強く疑われます。Wikipedia管理人が、Wikipediaを行政のプロパガンダに貶め、信用を著しく低下させる行動をとっていることに抗議しつつ、改変前のより中正なページをここにリンクしておきます:
The Concerned Japanese Citizens for the Rights of the Child to Eradicate Child Guidance Centre Sufferings
 

Copyright 2017 Fujio Mizuoka All Rights Reserved.